聴いたことあるあるクラシック音楽入門ガイド

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685年2月23日 - 1759年4月14日)ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。イギリスの作曲家として扱われるべきという意見もありますが、普通はドイツの作曲家として扱われています。

バッハ(J.S.バッハ)と並ぶバロック音楽最大の作曲家とされ、バッハを「音楽の父」と呼ぶことがあるのに対し、ヘンデルは「音楽の母」と呼ばれることがあります。

ちなみにバロックを代表する作曲家であるバッハ、スカルラッティもヘンデルと同じ1685年生まれです。



スポンサード リンク



スタンディングオベーションの起源

観客が表現する最大限の賛辞として「スタンディングオベーション」という、観客が立ち上がって拍手を送るというものがありますが、その起源はヘンデルにあると言われています。

1743年、ロンドンでヘンデルのオラトリオ「メサイア」が時の国王ジョージ2世の前で演奏された際、その中の1曲であるハレルヤ・コーラスを聞き、その素晴らしさに圧倒されたジョージ2世が立ち上がって拍手を送り、その行為に周りの観衆もつられて立ち上がり拍手を送ったことが始まりとされています。


作曲家略暦

1685年 現ドイツ、ザクセン=アンハルト州のハレに生まれる
1706年 イタリアにてオペラ、カンタータ、オラトリオなどを発表
1710年 ハノーファー選帝侯の宮廷楽長となる
1712年 ロンドンに移住
1727年 イギリス人として正式に帰化する
1759年 死去、死因は脳卒中とされている



聴いたことあるあるリスト(★は聴いたことある度)


その他の代表曲リスト


inserted by FC2 system